スロットレビュー『Witch Doctor Goes Wild』

さまざまな病状を治療する整形外科医について詳しく知りたいと気になっていませんか?それなら、南ヨーロッパへと誘ってくれるスロットマシン『Witch Doctor Goes Wild』のレビューを読むと、とても楽しいひと時を過ごせることでしょう!

今日紹介するこのスロットマシンは、南ヨーロッパを舞台にしたゲームで、ある一人の有名な整形外科医が登場し、その実力を見せつけていきます。

ゲームプレイでは、左側に現れる6×4のグリッド上のアクションがメインになってきます。整形外科医は8つのコンクリートブロックの上に現れ、プレイヤーであるあなたの勝利を祝ってくれます。また、ゲーム内のブロックが思うように落ちないときは、少しガッカリしている様子も見せます。

また、リールに数種類のワイルドシンボルを追加することができる「トレイル機能」というものもあります。もし整形外科医に気に入ってもらえたら、たっぷりのフリースピンをゲットできるかもしれません。

では、以下のオンラインスロット『Witch Doctor Goes Wild』のレビューをもっと読んで、整形外科医がどんなことをしてくれるのか見ていきましょう!

プロの仕事を観察しよう

一風変わったスロット『Witch Doctor Goes Wild』を開発したのは、イギリスの超小型ゲーム事業者Core Gaming社という会社で、同社は2007年の創業以来、モバイルに最適化されたカジノゲームを制作してきました。

今回の『Witch Doctor Goes Wild』は、前述したとおり、75,000人以上の整形外科医が住むとされる南ヨーロッパが舞台となっていて、同社のクリエイティブスタッフの能力が十分に発揮されています。木製のフレームがグリッドを囲み、その中には24個のコンクリートブロックが詰まっていて、プレイヤーは一番左のリールから順番にマッチさせていきます。このゲームの6つのリールの下には炎が流れ、静止画の背景にはどこか悲しい空が広がっています。

改めてこのスロットマシンをプレイしてみたところ、カラフルなペイテーブルには合計11個のシンボルが含まれていることがわかりました。これは、石から彫られたように見える低配当トランプシンボル6つから構成されています。

でも心配しないでください、優秀な整形外科医の目はカーソルをどこに動かしても必ずついてきます。このようなちょっとした工夫は、Core Gaming社提供のスロットマシンにはよく見られるもので、これで楽しくプレイを続けられます。

スピン毎に最大100クレジット

さて、『Witch Doctor Goes Wild』は無料でも遊べるということをご存知でしたか?無料で遊ぶのは、ユニークなゲームシステムや追加機能を知るには絶好の機会となりますが、リアルマネーで遊んで賞金を獲得するスリルに勝るものはありません。ありがたいことに、リアルマネーモードでブロックをクラッシュさせても、手も足も出ませんが…。

Core Gaming社は親切にも、合計16通りの賭け方を提供しています。賭け金の合計を0.40クレジットに設定し、ゲームの流れに細心の注意を払ってください。ゲーム資金に余裕のある方は最大100クレジットまで賭け金を増やし、整形外科医にもう少し信頼を寄せてみてはいかがでしょうか?

最低賭け金から予想できるように、オンラインスロットゲーム『Witch Doctor Goes Wild』では、合計40のペイラインが常にアクティブになっています。ペイテーブルによると、「RTP」と呼ばれる理論的なリターン・トゥ・プレイヤーはわずか95.14%で、残念ながらこれは近年のオンラインスロットマシンの平均よりかは少し低くなっています。